三本木書院

歌集助成ファンド

三本木書院は<著者と読者と誰かをつなぐ>ことを通じて、明日のよりよい社会のデザインに貢献します。
その具体的なかたちの一つが「きつつきファンド」です。
今日の歌壇は、文才の有無にかかわらずお金があれば歌集を出すことができる一方、経済的な理由で歌集を出す機会に恵まれずに才能が埋もれていく、一種の社会的不平等が存在します。
このようなアンバランスに一石を投じるべく、歌集・歌書の刊行を助成するファンドを設立。24歳で『一握の砂』を上梓した石川啄木のような歌人の登場を願い、名称を「きつつきファンド」としました。
このファンドによって刊行された歌集をgift10叢書とすることで、売上の一部がファンドに再循環するしくみの具現化をめざします。



トップに戻る